査定の必要書類を揃えよう

乗っている自動車を中古車買い取りの業者に査定に出す場合、必要な書類と準備しておくとよいものがあります。
必ず必要になってくるものは車検証になります。
これは、査定に出される車両が車検期限内で走行可能か、初期登録年数の確認などを行うためです。
他には、リサイクル券や自動車税の納税証明書が必要となります。
準備しておくと良いものは、購入したときに車検証と一緒になっていることが多いのですが、法定点検整備簿や保証書です。
保証書を見ると、その車両がワンオーナーか色々なオーナーを渡り歩いているかがわかります。
また、点検整備簿を見るときちんと整備がされていた車両かどうかの見極めも出来ます。
自動車を購入ししたときに付属でついているそのような物は、必ず捨てることなく車検証と一緒に保管をしダッシュボードに入れるなどして、すぐにまとめて確認できるようにしておくのがよいです。
不備があると、中古車査定の金額からマイナス査定になることもありますが、すべてきちんとそろっており整備も定期的に行われている証拠があればプラス査定になることもあります。
あとは、後で取り付けたオーディオやカーナビの取扱説明書も一緒にあるとさらに良いです。

Comments are closed.