ローンの残債がある車を売る方法

車を売る場合に大切になるのがその車の所有者は誰かということです。
車検証の所有者名の欄に書かれている名前がその車の所有者ということになります。
車のローンの残債がある場合でも所有者名が自分の名前ならそのまま売ることができます。
しかし、残債がある場合は所有者が信販会社という場合が多くあります。
これは車を担保にしているということです。
この場合、基本的に残債をすべて返済し車の所有者名を自分の名前にしなければ売却することはできないです。
残債があり、尚且つすぐに返済はできないが車を売却したい場合はまず残債の借り換えを考えます。
これは残りの残債をほかの業者に立て替えてもらう方法です。注意しなければならないのはこの時に車の所有者名を自分な名前にしてもらうことです。これを怠ると結局お金を借りる業者が変わっただけになってしまいます。
信販会社だと所有者を会社名義にするところが多いので銀行で借り換えを行ったほうが無難です。
銀行ならば所有者を自分のままにしながらお金を借りられるところが多いので借り換えさえ済めば名義変更して売却することが可能になります。
銀行の審査は厳しいですが金利も安いので残債がある場合は無難な方法と言えます。

Comments are closed.