故障車や事故車に価値はあるのか

事故を起こしてしまったり故障を起こしてしまった車両にも価値があるものとないものに分かれます。
価値のある車両は、事故や故障を起こしていても軽度なもので修理をすれば直りすぐに乗ることができるものです。
修理費がある一定金額を超えてしまうような場合は、その車両の中古車相場の金額を上回る結果となり、買い手がつかなくなります。
修理費が低く、中古車の相場内におさまる場合は事故や故障を起こしていない車両よりはマイナス査定になりますが、価値はあり値段が付きます。
故障車や事故車でも、古い自動車で歴史的価値のある車両に対しては、修理を行ってもプレミア価格が付きかなりの高額で取引されるのでとても価値があります。
よく、ガレージの奥で眠ったままのほこりをかぶった古い車両でも中にはすごい価値のある車両もあります。
逆に価値のない車両になる条件は、一般的に流通している車両で、事故や故障の程度が酷いものは価値が全くなく、逆にお金を払って処分をしてもらう結果になります。
例えば、全損事故を起こしてしまって修理にかなり高額費用がかかってしまうことや、古い車両で修理をするにはパーツが無い、外車で国内に修理パーツが無く海外より取り寄せるため高額になる場合です。

Comments are closed.