必要な手続きと書類を知ろう

車を売却する際は、名義変更などの手続きを行わなければなりません。
それにあたり、以下の書類を揃える必要があります。
まず、「車検証」。
これは、車が保安基準を満たしていることを証明するための物で、運転する時は携行することが義務となっています。
次に、「自賠責保険証明書」。
これも車検証と同じく、携行する義務があります。
三つ目は、「自動車税納税証明書」。
自動車税を支払っていることを証明するための物です。
軽自動車の場合は、「軽自動車税納税証明書」となります。
四つ目は、「譲渡証明書」。
これがないと名義変更することができませんが、基本的には買取業者やディーラーが用意してくれます。
五つ目は、「実印および印鑑登録証明書」。
上記の譲渡証明書には、実印を押さなければならないので、これらも必要になってきます。
六つ目は、「リサイクル券」。
リサイクル料金を支払っているということを証明するための物です。
手元にない場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページから印刷して代わりとすることもできます。
そして、車検証と印鑑登録証明書の住所が異なっている場合は住民票が要りますし、結婚して名字が変わった場合は戸籍謄本が要ります。

Comments are closed.