Author Archive

必要な手続きと書類を知ろう

車を売却する際は、名義変更などの手続きを行わなければなりません。
それにあたり、以下の書類を揃える必要があります。
まず、「車検証」。
これは、車が保安基準を満たしていることを証明するための物で、運転する時は携行することが義務となっています。
次に、「自賠責保険証明書」。
これも車検証と同じく、携行する義務があります。
三つ目は、「自動車税納税証明書」。
自動車税を支払っていることを証明するための物です。
軽自動車の場合は、「軽自動車税納税証明書」となります。
四つ目は、「譲渡証明書」。
これがないと名義変更することができませんが、基本的には買取業者やディーラーが用意してくれます。
五つ目は、「実印および印鑑登録証明書」。
上記の譲渡証明書には、実印を押さなければならないので、これらも必要になってきます。
六つ目は、「リサイクル券」。
リサイクル料金を支払っているということを証明するための物です。
手元にない場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページから印刷して代わりとすることもできます。
そして、車検証と印鑑登録証明書の住所が異なっている場合は住民票が要りますし、結婚して名字が変わった場合は戸籍謄本が要ります。

輸入車や外車を高く売るには

外車は新車の時はすごく高価な自動車ですが、一度中古車市場に出てしまうとかなりの値下がりをします。
これは、国内では人気がない場合や排気量が大きいため税金が高いことが上げられます。
なので中古車として売却する場合高値が付かないことがあります。
少しでも、高く売る方法が何点かあります。
左ハンドルの自動車が多い中、最近では右ハンドルの車両も販売されています。
日本国内では左ハンドルでは運転がし難いことから人気がありません。
右折時の視界の悪さや駐車場の券売機がほとんど右にあるため、左ハンドルだと取りにくいなど様々な障害があります。
また、日本車と違って排気量の大きな自動車が多いです。
国内では、排気量の大きさにより税金の金額が変わってきます。
日本では2000cc未満が主流ですが、海外になると3000ccや4000ccなどが普通になってきます。
そうなると一年間で支払う税金の金額がかなり高額になってくるため不人気になります。
また、国内の狭い道や速度が出ない道でそのような高排気量で高馬力の車両の必要性がないからです。
輸入車を高く売るには、購入の際にそのような日本国内の使用に適した車両を購入しておけば売却するときに少しでも高く売れます。

故障車や事故車に価値はあるのか

事故を起こしてしまったり故障を起こしてしまった車両にも価値があるものとないものに分かれます。
価値のある車両は、事故や故障を起こしていても軽度なもので修理をすれば直りすぐに乗ることができるものです。
修理費がある一定金額を超えてしまうような場合は、その車両の中古車相場の金額を上回る結果となり、買い手がつかなくなります。
修理費が低く、中古車の相場内におさまる場合は事故や故障を起こしていない車両よりはマイナス査定になりますが、価値はあり値段が付きます。
故障車や事故車でも、古い自動車で歴史的価値のある車両に対しては、修理を行ってもプレミア価格が付きかなりの高額で取引されるのでとても価値があります。
よく、ガレージの奥で眠ったままのほこりをかぶった古い車両でも中にはすごい価値のある車両もあります。
逆に価値のない車両になる条件は、一般的に流通している車両で、事故や故障の程度が酷いものは価値が全くなく、逆にお金を払って処分をしてもらう結果になります。
例えば、全損事故を起こしてしまって修理にかなり高額費用がかかってしまうことや、古い車両で修理をするにはパーツが無い、外車で国内に修理パーツが無く海外より取り寄せるため高額になる場合です。

ローンの残債がある車を売る方法

車を売る場合に大切になるのがその車の所有者は誰かということです。
車検証の所有者名の欄に書かれている名前がその車の所有者ということになります。
車のローンの残債がある場合でも所有者名が自分の名前ならそのまま売ることができます。
しかし、残債がある場合は所有者が信販会社という場合が多くあります。
これは車を担保にしているということです。
この場合、基本的に残債をすべて返済し車の所有者名を自分の名前にしなければ売却することはできないです。
残債があり、尚且つすぐに返済はできないが車を売却したい場合はまず残債の借り換えを考えます。
これは残りの残債をほかの業者に立て替えてもらう方法です。注意しなければならないのはこの時に車の所有者名を自分な名前にしてもらうことです。これを怠ると結局お金を借りる業者が変わっただけになってしまいます。
信販会社だと所有者を会社名義にするところが多いので銀行で借り換えを行ったほうが無難です。
銀行ならば所有者を自分のままにしながらお金を借りられるところが多いので借り換えさえ済めば名義変更して売却することが可能になります。
銀行の審査は厳しいですが金利も安いので残債がある場合は無難な方法と言えます。

車検切れの車について

自動車の運転に欠かせない車検は、期限が切れる事で利用価値は低下しますし、再利用する為には手続きや手間が必要ですから、売却する場合はマイナス要素として作用します。
安心して利用出来る車を実現する事は、中古車市場でも欠かせない条件ですから、買取を行う業者には車の状態を維持する義務がありますし、不足した部分があれば減点して価値の評価を行います。
所有者に車の維持を行う責任がある場合は、問題点を指摘して改善を求めますし、優良な業者は安全性の重みを知っていますから、売却後の事を含めて考えた車の取扱いを心掛けます。
車の整備や点検が公共の安全を守りますし、生命や財産を維持する努力が大切なので、メーカーの手から離れた中古車は特に整備が重要であり、利用者によって車の状態は様々に変化します。
大切に扱われた中古車は、外観の質だけではなくメンテナンスが行き届いていますし、扱い方が結果的に車の状態を保ちますから、整備点検の場であっても通過する可能性は高まります。
命を乗せる車はチェック機構が欠かせませんから、中古車として販売する場合は再び乗れる状態に戻しますし、複数の視点から確認を行い状態を把握する事で、許可を行い自由に走れる事を認めます。

査定の必要書類を揃えよう

乗っている自動車を中古車買い取りの業者に査定に出す場合、必要な書類と準備しておくとよいものがあります。
必ず必要になってくるものは車検証になります。
これは、査定に出される車両が車検期限内で走行可能か、初期登録年数の確認などを行うためです。
他には、リサイクル券や自動車税の納税証明書が必要となります。
準備しておくと良いものは、購入したときに車検証と一緒になっていることが多いのですが、法定点検整備簿や保証書です。
保証書を見ると、その車両がワンオーナーか色々なオーナーを渡り歩いているかがわかります。
また、点検整備簿を見るときちんと整備がされていた車両かどうかの見極めも出来ます。
自動車を購入ししたときに付属でついているそのような物は、必ず捨てることなく車検証と一緒に保管をしダッシュボードに入れるなどして、すぐにまとめて確認できるようにしておくのがよいです。
不備があると、中古車査定の金額からマイナス査定になることもありますが、すべてきちんとそろっており整備も定期的に行われている証拠があればプラス査定になることもあります。
あとは、後で取り付けたオーディオやカーナビの取扱説明書も一緒にあるとさらに良いです。

車体のキズや事故歴の対処法

車体のキズや事故歴の対処法としては、特に薄いものならばコンパウンドやタッチペンを使って分からない様にする事も出来ます。そこで査定員が気が付かない様であれば、査定前の準備としてワックスをかけたりする事で、見栄え良く自動車をしておけば、そこでみえなくなる事もあります。そこが査定アップのポイントとなる事で、やはり傷を隠す事はとても重要となります。事故歴に関しては、当然修理工場などをディーラーで行ったりすると、その履歴は消す事が出来ませんが、他所で売却するケースでは、その事故の部分も交換をしっかりと行えていれば、分からない事となり、そう言った所を踏まえて考えると、傷に対する対応をしっかりと行えていれば、問題無く対応出来る事となります。そこで必要に応じてメンテナンスを行う事となれば、その分自動車のコンディションも上がる事で、その分評価も高くなる事となり、査定も自ずとマイナス査定は無くなる状況となります。事故の経歴を上手にメンテナンスを行う事で消していく事が必要であり、そこを考えながら、しっかりと対応する事も重要なポイントとなります。高評価を得るにはメンテナンスを行いながら対応する事もこれから必要となっていきます。

査定前に清掃を忘れずに

乗り換えられる事が車の特徴ですし、好みに応じて変えられますから、中古車として査定を受ける事が買い替えに役立つので、良い状態を保って査定を受ける事が大切です。
傷は日常的な車の利用で避けられませんし、小さな傷であれば手入れを行い目立たなく出来ますが、大きいダメージは隠す事が難しいので、下手に隠そうとはせず査定を受ける必要があります。
汚れの目立ち具合も査定結果に影響しますから、日頃から掃除を行う事が重要ですし、蓄積させない事が大切なポイントなので、全体を手入れする習慣が査定前に役立ちます。
車内の清掃に時間を掛ける事も大切なので、手間を惜しまない事が結果に結び付きますから、見た目の汚れだけではなく不快な臭いも取り除く事が出来ますし、次の所有者が納得して乗れる状態を目指す事が重要です。
窓を全て換気を行う事が基本ですし、しみ込んだ汚れや臭いを吸着する埃を取り除く事が掃除であり、道具を十分に用意して作業する事が中古車売買の基本になります。
扱い易い中性洗剤を使う事も効果的ですから、バケツに水で薄めて使用出来ますし、良く絞ったクロスが広範囲の汚れ落としに役立ち、傷を付けずに油汚れや固まった埃の除去が行えます。

評価基準のポイントを押さえよう

中古車を売却する際の評価基準は各店舗や業者により違いはありますが共通して大きなポイントとなるのは車種、年式、色、グレード、走行距離です。
この5つをもとに全国の中古車市場で相場が出ているため自身の車がいくらで売却できるかはおおよそ把握することができます。
まずは売却価格を知ることが1つ目のポイントとなります。
売却額の相場を知らべたならば次に売却先を調べます。
売却先は複数に問い合わせるようにします。これは店舗により求めている車種が違うためです。
店舗が決まるとその店舗から査定員が車を見に来ます。
2つ目のポイントはこの査定時の交渉です。
交渉は直接車の状態をアピールできる場なのでこれは生かすべきです。
基本的に査定員が来る場合すでに車の基本情報は伝えてある場合が多いので査定員が見るのは言葉で伝わらない車の状態です。
傷、内装、タイヤ、装備といったものです。
傷はその大きさや場所、内装は汚れや傷の有無、タイヤは溝の残り、装備はナビやバックカメラ等の有無こういったものを査定員が確認し査定額を出します。
さらに街乗りをメインにしたのか遠出をメインに使ったのか、洗車の頻度、手洗いか洗車機か、オイル交換の頻度等記録に残らない情報も伝えることが大切です。
以上を踏まえ自身がいくらで売却したいのかをしっかり考えておく必要があります。